2012年11月08日

Tiddlywiki on Ubuntu

最近ようやくUbuntu 12.04LTSにアップデートした。
そしたら、自分メモ用のTiddlyWikiの更新ができなくなった。
新規記事を作成して保存しようとすると、
変更を保存できませんでした。以下の理由が考えられます:
- 使用しているブラウザが保存に対応していない(Firefox/Internet Explorer/Safari/Operaは、正しく設定していれば保存できます)
- TiddlyWikiファイルの保存path名に不正な文字が含まれている
- TiddlyWiki HTMLファイルが移動または名前を変更された

とでる。

対策は、firefoxのabout:configで、
security.fileuri.strict_origin_policy

の値をfalseとする。

同じようなことで困っている人がいたら、一助になると幸いです。
posted by kyt at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

玄箱HGでLogitec LAN-W150N/U2を動かす(rt2800usb@カーネル3.0.4)

とりあえずメモ。

*前提
玄箱HGは、Debian Squeezeインストール済み。カーネルは3.0.4。

基本的には、この記事のパッチを当てただけ。
[PATCH 0/2] Big-endian fixes for rt2800usb (Linux Wireless)
http://www.spinics.net/lists/linux-wireless/msg76699.html

カーネル設定は、

Networking support --->
Wireless --->
<M> cfg80211 - wireless configuration API
[ ] nl80211 testmode command (NEW)
[ ] enable developer warnings (NEW)
[ ] cfg80211 regulatory debugging (NEW)
[*] enable powersave by default (NEW)
[*] cfg80211 wireless extensions compatibility (NEW)
[*] Wireless extensions sysfs files (NEW)
<M> Common routines for IEEE802.11 drivers
[ ] lib80211 debugging messages (NEW)
<M> Generic IEEE 802.11 Networking Stack (mac80211)
Default rate control algorithm (Minstrel) --->
[ ] Enable mac80211 mesh networking (pre-802.11s) support (NEW)
[ ] Select mac80211 debugging features --->
Device Drivers --->
[*] Network device support --->
Wireless LAN --->
<M> Intel PRO/Wireless 2100 Network Connection
<M> Ralink driver support --->
--- Ralink driver support
< > Ralink rt2400 (PCI/PCMCIA) support (NEW)
< > Ralink rt2500 (PCI/PCMCIA) support (NEW)
< > Ralink rt2501/rt61 (PCI/PCMCIA) support (NEW)
< > Ralink rt27xx/rt28xx/rt30xx (PCI/PCIe/PCMCIA) support (NEW)
< > Ralink rt2500 (USB) support (NEW)
< > Ralink rt2501/rt73 (USB) support (NEW)
<M> Ralink rt27xx/rt28xx/rt30xx (USB) support
[*]rt2800usb - Include support for rt33xx devices (NEW)
[*]rt2800usb - Include support for rt35xx devices (EXPERIMENTAL)
[*]rt2800usb - Include support for rt53xx devices (EXPERIMENTAL)
[*]rt2800usb - Include support for unknown (USB) devices
[ ] Ralink debug output (NEW)



今のところ、WPA-TKIPで問題なさそう。
posted by kyt at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

Ubuntu 9.04にEclipse 3.5(日本語化)を入れたメモ

・EclipseはUbuntuパッケージではなく、Eclipse.orgのものを使う
・インストール場所は、 /usr/local/eclipse
・日本語化でいろいろ困った。

0. 前準備


$ sudo apt-get install build-essential sun-java6-*
$ sudo sudo update-java-alternatives -s java-6-sun

・C++開発環境を作るためbuild-essentialを入れておく。
・java環境はsunのものを使う。

1. ダウンロード


・Eclipse-CPPを Eclipse.orgからダウンロード

2. インストール


$ cd /usr/local
$ sudo tar xvzf /path/to/download/eclipse-cpp-galileo-SR1-linux-gtk.tar.gz

インストール後、一度起動確認。

3. 日本語化


・MergeDocプロジェクトのpleiadesプラグインを使う。
・/usr/local/eclipseにインストールすると、ユーザー権限で書き込み可能なディレクトリが/usr/local/eclipse/configuration作られてしまう。
→/usr/local/eclipse/configurationに書き込み可設定をする方法もあるが、ここでは自分のホームディレクトリ以下にインストールする方法を取る。
$ cd $HOME/.eclipse
$ mkdir pleiades
$ cd pleiades
$ unzip /path/to/download/pleiades-1.3.x.zip


・次に、/usr/local/bin/eclipseを作成(内容は以下)
 - pleiadesプラグインが、$HOME/.eclipse/pleiades以下に見つかった場合は、読み込んで実行する。
#!/bin/csh

set ECLIPSE_HOME = "/usr/local/eclipse"
set PLEIADES = $HOME"/.eclipse/pleiades/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar"

cd $ECLIPSE_HOME

if ( -f $PLEIADES ) then
$ECLIPSE_HOME/eclipse \
-vmargs -javaagent:$PLEIADES
else
$ECLIPSE_HOME/eclipse
endif


後は、お好みで/usr/local/eclipse/eclipse.iniのスプラッシュに関する部分を削除orコメントアウトする。

実行・確認


コマンドラインから、以下のコマンドで起動・終了を確認する。
$ /usr/local/bin/eclipse


タグ:Eclipse ubuntu
posted by kyt at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

Ubuntu 8.10インストールメモ

デスクトップPCにUbuntuを入れた。

お世話になったサイト)
http://tmcosmos.org/linux/ubuntu/ubuntu810.html
http://academic.meganebu.com/~debug_ito/index.php?Ubuntu%2FHardy%A5%A4%A5%F3%A5%B9%A5%C8%A1%BC%A5%EB%A5%E1%A5%E2
http://www.k5.dion.ne.jp/~r-f/sicklylife/memo/using_ubuntu_804/first_setting.html

とりあえず、メモ代わりに投稿。

1)パーティションは自己流
   /boot 128MB
/swap 4GB <--

2)パッケージ管理の設定・日本語環境のセットアップ
*レポジトリ設定の変更
gedit で設定ファイル /etc/apt/sources.list を編集。以下の行のコメントアウトをはずす。

# deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ intrepid-backports main restricted universe multiverse
# deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ intrepid-backports main restricted universe multiverse

そして、日本語レポジトリの登録。(参考:http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized
$ wget -q http://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | $sudo apt-key add -
$sudo wget http://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/intrepid.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list

*「システム」→「設定」→「日本語環境セットアップ・ヘルパ」を実効
日本語版ThuderbirdやFont、tex環境、またAdobeReaderなどをインストール。

3)『デスクトップ』『音楽』などの日本語フォルダ名を英語表記にする
端末から下記を実行するとダイアログが表示され、フォルダ名を英語に直すかどうか聞いてくるのでUpdateのボタンを押す。
このときDon't ask againにチェックを入れておく。
$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update


4)Firefox関連
デフォルトでは、どうやらカスタマイズパッケージが入っているらしい。(参考
ということで消しちゃう。
$ sudo apt-get remove ubufox


元々ウィンドウズで使っていたプロファイルを移動。
Windowsでは、「c:\Documents and Settings\\Application Data\Mozilla\Firefox\<ランダムな英数字>.default」以下にあるフォルダを、えいっとホームディレクトリの「.mozilla/firefox/<ランダムな英数字>.default」以下に移動(一応、バックアップを忘れずに・・・)。そのまま使えるようになる。


5)NTPサーバーと同期するように設定
「システム > システム管理 > 時刻と日付の設定 > ロックの解除」を選ぶと、NTPサポートのインストールがはじまる。
インストールが終わったら、一旦ダイアログを閉じたあと、再度開き、mfeedの時刻サーバ(近いから)を選択する。
#日本が1個しかないのはどうかと思うが・・・

6)リモートデスクトップの設定
「システム > 設定 > リモートデスクトップ」でダイアログを開く。
<全般タブ>
 ・「他のユーザが自分のデスクトップを表示できる」にチェック
 ・「他のユーザがデスクトップを操作できる」にチェック
 ・「承認を必要とする」のチェックを外す。
 ・「パスワードの入力を要求する」にチェックし、パスワードを設定
<拡張タブ>
 ・「次のポートを利用する」にチェックし、ポート番号を適当(5900)に設定
 ・「接続したら背景を無効にする」にチェック(重いから)。

あとは、Windowsで、UltraVNCなどをインストールし、つなぐ。
Ubuntuは最初からVNCサーバが入っていることに驚き。

7)M+フォントのインストール、フォントの設定。
http://tmcosmos.org/linux/ubuntu/ubuntu810.html#japanesefonts
を参考に、M+フォントにしてみる。
あと、MS CoreFontsもいれるべきか?コマンドは↓
$ sudo apt-get install msttcorefonts
$ sudo fc-cache -fv


8) Trackerのアンインストール
ここをみると使えないとのことなので、削除
$ sudo apt-get remove tracker


9)ハードウェアドライバのインストール(失敗)
8.04と同じように、fglrxをインストールしてみる。
「システム > Synapticパッケージマネージャ」を起動し、「検索」から「fglrx」を探す。そのあと「xorg-fglrx-driver」を選択すると、依存パッケージと共にインストールされる。そして再起動。

・・・・しかし、

Xサーバが立ち上がらず困った。「Low-graphic mode」が選べるので、そちらで立ち上げて、再びSynapticを起動し削除する。

どうやら、ここを見ると、サポートしなくなったらしい。fglrxナシでCompizを動かすしかないか。。。

posted by kyt at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。