2009年12月20日

Open Dynamics Engine (ODE) on Ubuntu 9.04

フリーの動力学シミュレータであるOpen Dynamics Engineを入れたときのメモ

前準備


・OpenGLライブラリを入れる
$ sudo apt-get install freeglut3 freeglut3-dbg freeglut3-dev


ダウンロード


SouceForgeからtarballをダウンロード


コンパイル


・configureを実行する前に、autogen.shを実行しておくところがポイント(これを忘れて、drawstuffのコンパイルでハマった)
$ tar xvzf ode-0.11.1.tar.gz
$ cd ode-0.11.1
$ ./autogen.sh
$ ./configure --enable-double-precision
$ make


確認


・ode/demoディレクトリ以下に、デモプログラムがあるので、それを実行してみる。
$ cd ode/demo
$ ./demo_buggy


インストール


・ODEライブラリはインストールされるが、drawstuffはインストールされないので手動で入れた
$ cd ../../
$ sudo make install
$ sudo cp ./drawstuff/src/.libs/libdrawstuff.* /usr/local/lib/
$ sudo mkdir /usr/local/include/drawstuff
$ sudo cp ./include/drawstuff/*.h /usr/local/include/drawstuff/
$ sudo mkdir /usr/local/share/drawstuff
$ sudo cp -r drawstuff/textures /usr/local/share/drawstuff/


自前ソースでのコンパイル


・Makefileはこんな感じ
# Makefile

program = TestODE
objs = src/sample1.o

CC = gcc
CFLAGS = -g -Wall
LDFLAGS = -L/usr/local/lib -ldrawstuff -lode -lglut -lGLU -lGL

.SUFFIXES: .c .o
.SUFFIXES: .cpp .o


all: $(program)

$(program): $(objs)
$(CC) -o $(program) $^ $(LDFLAGS)

.PHONY: clean
clean:
$(RM) $(program) $(objs)

posted by kyt at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ubuntu 9.04にEclipse 3.5(日本語化)を入れたメモ

・EclipseはUbuntuパッケージではなく、Eclipse.orgのものを使う
・インストール場所は、 /usr/local/eclipse
・日本語化でいろいろ困った。

0. 前準備


$ sudo apt-get install build-essential sun-java6-*
$ sudo sudo update-java-alternatives -s java-6-sun

・C++開発環境を作るためbuild-essentialを入れておく。
・java環境はsunのものを使う。

1. ダウンロード


・Eclipse-CPPを Eclipse.orgからダウンロード

2. インストール


$ cd /usr/local
$ sudo tar xvzf /path/to/download/eclipse-cpp-galileo-SR1-linux-gtk.tar.gz

インストール後、一度起動確認。

3. 日本語化


・MergeDocプロジェクトのpleiadesプラグインを使う。
・/usr/local/eclipseにインストールすると、ユーザー権限で書き込み可能なディレクトリが/usr/local/eclipse/configuration作られてしまう。
→/usr/local/eclipse/configurationに書き込み可設定をする方法もあるが、ここでは自分のホームディレクトリ以下にインストールする方法を取る。
$ cd $HOME/.eclipse
$ mkdir pleiades
$ cd pleiades
$ unzip /path/to/download/pleiades-1.3.x.zip


・次に、/usr/local/bin/eclipseを作成(内容は以下)
 - pleiadesプラグインが、$HOME/.eclipse/pleiades以下に見つかった場合は、読み込んで実行する。
#!/bin/csh

set ECLIPSE_HOME = "/usr/local/eclipse"
set PLEIADES = $HOME"/.eclipse/pleiades/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar"

cd $ECLIPSE_HOME

if ( -f $PLEIADES ) then
$ECLIPSE_HOME/eclipse \
-vmargs -javaagent:$PLEIADES
else
$ECLIPSE_HOME/eclipse
endif


後は、お好みで/usr/local/eclipse/eclipse.iniのスプラッシュに関する部分を削除orコメントアウトする。

実行・確認


コマンドラインから、以下のコマンドで起動・終了を確認する。
$ /usr/local/bin/eclipse


ラベル:Eclipse ubuntu
posted by kyt at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。